巣を作らせない

防護服を着ている人

被害対策の商品は手軽に手に入る

鳩は人間に危害を加えることはありませんが、問題はあります。泣き声がうるさかったり、一旦巣を作らせてしまうと、出て行ってもらうのが難しくなります。またベランダに良く鳩が来る場合、糞をされるので、布団が干せない等の悩みもあると思います。鳩の糞はインフルエンザに感染してしまう恐れもあります。そこで、被害への対策を取る必要があります。最近ではホームセンターに鳩の対策道具が売っています。鳩がこれないようにネットや磁石、針山などを購入し利用してみるのも良いと思います。価格も高くなく手軽に手に入れることができる商品ばかりです。何点か商品を試してみて、自分の所に被害をもたらす鳩に効果があるやつで対策するようにすると良いです。

鳩が住みやすい場所にしないことが大事

鳩が原因の被害を対策する場合、まず巣を作らせないことが重要です。そのためにも侵入しやすい隙間などを埋めるようにすると良いです。特に倉庫の中やシャッターの周り、建物の間等はお気に入りの場所です。隙間を見つけたら、防鳥ネットや樹脂製ボードで塞ぐとよいです。また鳩がよく休息する場所には針山を置く等をすると良いです。鳩は方向感覚と帰巣能力がとても優れているので、住み心地を悪くすることが大切です。また餌をやらないことも大事です。公園などで餌をあげるのは良いのではないかと思われがちですが、鳩が増える一番の原因は餌をあげるからです。餌をあげないように、また餌をあげている人がいたら注意するようにすると良いです。