鳩の対策

ヘルメットを被っている男性

鳩がもたらす被害と対策の傾向

鳩は公園や路上などでごく普通に見かける鳥です。しかし、様々な被害をもたらす可能性があり対策を施す必要が場合によってあります。鳩による被害を考えた場合、4つのパターンが考えられます。一つは休憩するタイプです。この場合は汚れる可能性や騒音などは考えられますが、それほど被害レベルが高いわけではありません。二つ目は待機するタイプです。敵が来ない安全な場所として認知した場合に長く留まります。このあたりから鳩による被害が大きくなりがちです。フンなどによる被害も目立ってきます。三つ目がねぐらとして活用するタイプ、四つめが巣をつくるタイプです。このあたりになると抜本的な対策を行い鳩を近づけさせない工夫を施す必要があります。鳩対策は、本格的な対策については専門家の助言のもとで解決することが求められています。都市部では深刻な被害をもたらしかねないので、こうした対策グッズやサービスは需要が今後も一定数あるとみられています。

できるだけ専門家の手を借りよう

鳩に対する注意点としては、まず当然鳩のフンが引っ掛けられた場合には掃除をします。フンは様々な病原体を媒介するので、放置しておくと危険です。また、フンは酸性であり、建物の金属部分を腐らせる可能性があります。素手では触らないようにして掃除を行います。手袋などはできれば使い捨てタイプのものを使用して掃除を行ったあとに捨てるなどをすると良いでしょう。掃除の際にマスクを着用しておくことも大事です。鳩対策を行う場合ですが、これには基本的に少し時間がかかるものと思って長期戦で考える必要があります。鳩は帰巣性が高いためそこが安全と判断すると住み着く傾向があるためです。できれば、自分一人で考えずに専門家の手を借りて継続的に対策したほうが確実に寄らなくなります。